読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無罪主張のわいせつ教頭に実刑判決 さいたま地裁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000924-san-soci

 女性の体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた埼玉県三郷市立後谷小学校教頭、勝又春夫被告(58)=同県越谷市、休職中=の判決公判が29日、さいたま地裁であり、福渡裕貴裁判官は「強固な意志に基づく執拗(しつよう)なわいせつな行為で、被害者は強度の精神的苦痛を味わった」として懲役1年6月(求刑同2年)を言い渡した。弁護側は即日控訴した。
 公判で弁護側は「女性の携帯電話の通話記録から、犯行時間は1分54秒で一連の行為は不可能。目撃者や現場の指紋などの証拠もない」と無罪を主張したが、福渡裁判官は「女性の証言は信用でき、犯行の再現実験は移動が徒歩で正確性に欠ける。証拠がないから犯罪証明ができないという理由にはならない」と退けた。

「証拠がないから犯罪証明ができない」っていうのはものすごく普通のことなんじゃないの?
殺人、強盗から飲酒運転、その他もろもろ。すべての犯罪は証拠があって初めて犯罪だって証明が出来るんじゃないの?
証言だけでOKならなんでもアリだな。