読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやく暇がある人は土日休める人

「土曜祝日も振替に」意外と不評?

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20120712-00024979-r25
ツイッターユーザーの声は、「本当にお願いします!」「嬉しい限り」「わーい!」と、大半が歓迎ムードだ。

ところが、ネット住民の反応はまったく正反対。休日増加案が登場すると、2ちゃんねるの関連スレッドには、
「どうせ休日出勤」
「あ?自営業なめんなコラ」
「休日減らしていいからサビ残なくせ」
「いらん 仕事がへるわけでもなし」

など、日頃の不満が噴出し、同案の狙いである「観光振興」についても、
「大増税で金がなくなるのに何言ってんだ?」
「お金貯め込んでるとか思ってる????www」

といったツッコミが入っている。

結果から言えば、ツイッターでつぶやける人と言うのは、仕事がない人はもちろんの事、仕事があってもある程度自由になる時間がある人であり、自由な時間があるからつぶやくネタにも困らないということなんじゃないかと推測。かつて、モバゲーとグリーの利用者はフリーターと運転手と主婦ばかりだと言われていたのも同様の理由だからではないかと思われる。そういう生活をしている人は、少なくとも仕事に追われて休みも満足に取れない、という生活はしていないものと思われる。都市部なら、仕事中でも電車移動の時間があったり、外回りをしていてちょっとした時間つぶしができる余裕がある人だったり。ツイッターはある程度リアルタイム性があるため、つぶやきに1日遅れで返事をしても話がかみ合わない事が多い。ツイート数が多ければ多いほど、暇がない人とのギャップが広がっていく。

一方、2ちゃんねるがメインな人は、仕事をしていても1日中缶詰になっていたり、綿密なスケジュールの中で仕事をしていたり、過剰な仕事を押し付けられていて休日も休みにくいと言うような人が多いんじゃないかと推測。2ちゃんねるのような掲示板なら1000の書き込みが埋まるまでは話題に合流しやすいから、ツイッターほどリアルタイム性を求められないし、大きな話題になれば過去スレから話題を引き継ぐ文化も出来ている。と、なれば、残業や休日出勤で深夜や早朝にしかネットに書き込みが出来ないような層はツイッターよりも2ちゃんねるがメインになる事は想像できる。

ツイッター民と2ちゃんねる民て意見が分かれた理由はそんな感じじゃないのかな?